This is Americaのブラジル版パロディ「This is Brazil」ファンキバージョンも?!

This is Americaのブラジル版パロディ「This is Brazil」ファンキバージョンも?!

今年の5月ごろ話題になったChildish Gambinoの「This is America」のミュージックビデオ。

銃規制や人種差別など、アメリカ社会の抱える問題を痛烈に批判するかのようなこのビデオは、公開後1週間で約8500万回、さらに1ヵ月で2億回以上再生されました。

このビデオについての詳細についてはいろんな方が解説していますので、各自調べてみてください。

今回の主題はブラジルでもパロディーがたくさん作られた!ということです。

まず最初にご紹介するのが、コメディー集団「Porta dos Fundos」によるパロディー動画。
観たらだいたいわかるかもしれませんが、簡単に解説。
銃で撃とうとしたら警察に止められるも、警察も腐敗しているのでその人から持ち物を奪おうとする。
さらに、撃たれそうな人の「ギターはどこ行った?」と確認しますが、「もうとっくに売り払ったよ!」という。。。

個人的に1番好きなのはこちら。ポルトガル語字幕もあるので意味がとりやすいかと。

ブラジルはめっちゃ税金たけえ
IPVA IPVA IPVA(自動車保有税)
IPTU IPTU IPTU(都市不動産所有税)

のところが好きですw

ちなみに「This is America」のPVの監督をしたHiro Murai氏は、ブラジルの映画Cidade de Deus(シティ・オブ・ゴッド)にインスピレーションを受けたそうですよ!

バイリ・ファンキRemixもあります。

Acre州の先住民の立場で歌っています。

ブラジルでは携帯盗られる、油断するな
腐敗的な政治に庶民は金払ってる・・・

現地トピカテゴリの最新記事