実は歌手?!リオのメトロ車内アナウンスの声の持ち主の正体!

実は歌手?!リオのメトロ車内アナウンスの声の持ち主の正体!

ネットでたまたま見つけたZanna(ザナ)というシンガーのアルバム『Zanna』、ダウンロードしたもののしばらく聴いていませんでした。

最近、iTunesを開いて久しぶりに聴いてみることに。

Zanna

何の気なしにZANNAのことを調べていたらなんと、リオデジャネイロのメトロ(地下鉄)のアナウンスをしているというじゃありませんか!

テレビ番組でも特集されたようで、メトロの乗客に
「この声の主、誰だか知ってますか?」「どんなイメージですか?」
と聞いてご本人登場!というサプライズも。

メディアでは5年前以上から取り上げられていたようなのですが、存じ上げませんでした!

2011年11月からZannaのアナウンスとテーマソングが採用されたとのことです。

よくメトロでかかっている曲もZannaのスタジオのチームが作ったそうなんです。

そしてなんと!Spotifyで聴くことができるのです。なんだか、リオにいた時のことを思い出して涙が出てきました・・・
リオデジャネイロを訪れたことのある方はぜひ聞いてみてください。

サンパウロのグアルーリョス国際空港のテーマソングや、

バイーアのメトロのテーマなど、数々の企業のテーマソングも手がけているようなのです。おそるべし、Zanna!!!!

2017年リリースのアルバム『Zanna』

実は『Zanna』、2017年のラテングラミーにも3部門にノミネートされているのです!(MPB優秀アルバム、録音エンジニア優秀アルバム、同アルバムのプロデューサーMoogie Canazioが優秀プロデューサー部門に)

13歳から作曲を始め、音楽的にはClube da Esquina、Heitor Villa-Lobos、Tom Jobimに影響を受けているとのこと。30年近く曲を作り続け、2017年、念願のソロアルバムをリリースしたということです!ぜひチェックしてみてください♪

参考記事 – O Dia

※お知らせ
《NEW! 7月25日発売「21世紀ブラジル音楽ガイド」》

現地トピカテゴリの最新記事