2017年活躍が期待されるパブロヴィターってどんな人?

2017年活躍が期待されるパブロヴィターってどんな人?

Feliz ano novo!

今後ともよろしくお願いいたします。

さて、国内の大手紙「O Globo」が、1月1日に今年文化面で活躍が期待されるアーティストや作家、作品などを紹介していました。

その音楽部門で名前があがっていたのが
Pabllo Vittar(パブロ・ヴィター)

一体どんな人なんでしょうか?

2015年からネットで話題に

出典:Google+

Pabllo Vittar
生年月日:1994年11月1日(22歳)
出身地:マラニャォン州 サンタ・イネス市
肩書:歌手、作曲家、ドラァグクイーン
影響を受けたアーティスト:Etta James、Beyoncé、Donna Summer、Liniker

 

彼女が有名になったきっかけは、Major Lazerの「Lean On」のポルトガル語でカバーした「Open Bar」のPVを2015年10月にYoutubeで発表したこと。

4ヶ月以内に100万再生を突破する程話題を呼びました。

ちなみにプロデューサーはBonde do RolêのRodrigo Gorky。

2015年12月にEP「Open Bar」をリリース、同月には国内各地を廻るツアーも開始。

彼女がドラァグクイーンであることから、LGBTムーブメントを先導する一人としても注目を集めるようになります。

2016年1月にはグローボのテレビ番組「Amor & Sexo」への出演が決まり、同月にはルイーザ・ポッシ(Luiza Possi)の「Insight」のPVにも出演。

4月には化粧品メーカー「Avon」の広告塔にも選ばれます。


Advertisement

1月20日に新アルバム発表

そんな順調なパブロは2017年1月20日にアルバム「Vai passar mal」を発表するそうです。

プロデューサーはRodrigo Gorky、そしてDiploも協力しているのだとか!

ファンキ、アホーシャ、ヒップ・ホップ、サンバなどのテイストが取り入れられ、いま大人気のAnittaやLudmillaのライバルとなるかも?

今年色んなところで聴くことになりそうですね!

こちらはその最新アルバムから「Nêga」です!!

 

文・noriji(編集部員)

2019年1月更新!最新記事もチェック!

米ビルボードも注目のブラジルLGBTアーティスト パブロ・ヴィター

現地トピカテゴリの最新記事